なぜ、女性はヒールを履かなくなったのか
ここ数年街中でハイヒールを履いている
女性は減ってきた。
それも特に若い女性で顕著なように思う。

ただ、きれいめなファッションにもスニーカー、
靴屋さんでもハイヒールのエリアが徐々に
狭まってくるとヒール好きとしては
少し複雑だと感じる。

若い世代の女性を中心になぜヒールを履かなく
なったのか。


1.流行


靴もファッション同様流行がつきものである
ため、
ファッションの流行によって合う靴が変わる
のも当然のことではある。

2014,5年ごろからカジュアルなファッションや
オーバーサイズの服が流行し、
体のラインを出すような服は減ってきた。

同時に頑張らない、抜け感、楽さがに
キーワードになるとカジュアルファッション
に合わせにくく、
そういった風潮と真逆のアイテムであるヒール
が減ってくるのも当然のように思う。


2.経済状況や時代背景

女性が一番ヒールを履いていた時代をバブル期
とイメージする人も多いと思うが、
この頃の時代というのは経済も好調であった。

経済が好調の時は自分をよくみせるアイテム
が流行し、
体のラインが出るような服が増えたため、
そういった服に合い、スタイルを
よくみせてくれるヒールが増えるというのも
納得である。

バブル崩壊後から~現在にわたっては
景気が低迷し、そうした時代背景
においては体のラインを隠すような
ファッションが流行する傾向にある。

自分をよくみせることや異性の目よりも、
着心地や歩きやすさを重視するようになった。
そうしたファッションの変化とともに、
近年では多様性や自分らしさを重視するという
概念が浸透してきたため、
自分をよくみせるためのヒールを履く女性
は減ったと考えられる。


3.ローヒールの楽さを覚えるとヒールに戻れない


ここまでは流行や経済の変化に伴い、
ヒールを履く女性が減ってきたのではないかと
お伝えしてきたが、背景にあるのは足への負担
があるという理由も大きいと思う。

以前までは無理してヒールを履いていた人
も一定数いたと思うが、
そういった人もローヒールやスニーカー
ブームがくればヒールを履かなくなるのも
当然のことである。

現状私の周りでも以前はヒールばかり
履いていた人でさえ、
最近はよくスニーカーを履いてくるのである。

世間では流行を重視する人が多い分、
一度楽さを覚えると無理してヒールを履かなく
なってしまうのだと実感した。

しかし、パートナーであれ友人であれ、
お洒落なお店に行く際にはスニーカーを履いて
こられるよりヒールを履いてくる方が嬉しい
のではないか。

何を選ぼうが多様性の時代においては
個人の自由であるが、
『お洒落は足元から』というように
一番先端に身に着けているからこそ、
人の視線はそこで止まり印象づけるアイテム
でもある。

もし女性を美しくするファッションアイテムは?
と聞かれればハイヒールだと私は答える。
履くだけで自信を与えてくれ、
振る舞いや美意識さえも高まるからだ。


いつの時代も世界中の美しい女性たちは
ハイヒールを履いている。


【オススメ記事】

エレガントなワンピースの選び方・ワンピースをエレガントに着こなすコツ

体のラインが出る服を着る心理とは

ブログに戻る