ファッションセンスを磨く②~ワントーンコーデをお洒落に魅せるコツ~
ワントーンコーデは好きですか?

ワントーンコーデとはトーン(色調)が揃っている
コーデのことで、色は違ってもトーンが
同じであればワントーンになります。

似た用語でワンカラーコーデというのが
ありますが、こちらは言葉通り上下を一色で
つくるコーデになります。

どちらも似ているため分かりにくいですし、
ワントーンコーデの方が馴染みがあるかと思うので
今回ワントーンコーデとして紹介します。

ワントーンコーデはポイントを
押さえるだけで簡単にこなれて見せる
ことができるのでオススメです。

そこで、今回はワントーンコーデのポイント
を紹介します。


1.上下で異なる素材感にする

上下を同じような素材にするよりも
違った素材にする方が
遊び心もあり、よりお洒落に
魅せることができます。

例を挙げると、
白でワントーンコーデを作る場合
トップスはニット素材、ボトムスはデニム素材
などの組み合わせ。

黒でワントーンコーデを作る場合は
上下分厚い生地だと重たい雰囲気になるので、
トップスはシフォンやレース素材などを
あわせてて軽やかさを出す。

このように異素材を合わせることで
ワントーンコーデが地味にならず
洗練された印象になります。


2.トーンの違う色を合わせる

白といっても純白から黄みがかかった
アイボリーまで色んなトーンの白がありますよね。

2つ目のポイントは同じ色でも
上下違うトーンで組み合わせる方法です。

若干のトーンの違いによりこなれて
見えますし、
上下でグラデーションをつくることで
統一感がでて、おしゃれにみえます。


3.適度な肌見せでこなれ感をプラス

3つ目のポイントは適度に肌を出す方法です。

肌を出すとはいっても
手首やデコルテ、足首程度で大丈夫です。
肌の露出が全くない状態に比べると
肌の色が加わりワントーンコーデに
軽やかさをプラスしこなれて見えます。


4.小物や靴でアクセントを加える

お洒落上級者の方は靴や小物も含めて
ワントーンでまとめるのもオススメです。

ですが、靴やバックまで同じカラーだ
メリハリがなく地味に見えてしまうことも。
バックや靴などは差し色として
違うカラーを合わせるのもオススメです

以上ワントーンコーデのポイントについて
紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。


【ブランド紹介】


私がデザイナーをしている
美シルエットワンピースブランドはこちら!
ブログに戻る